あなたにピッタリのヨガを見つけよう!福岡・天神のおすすめヨガ10選

妊婦さんに良いこと尽くし!マタニティヨガのしくみと効果

妊婦さんに良いこと尽くし!マタニティヨガのしくみと効果

妊婦さんに良いこと尽くし!マタニティヨガのしくみと効果

マタニティヨガのしくみや効果について

妊娠してお腹が大きくなってくると、自由に動けなくなったり、動くのが億劫になり運動不足になったりしがちです。日々変化する妊婦の身体をゆったりとした動きでサポートできるのが「マタニティヨガ」。マタニティヨガは妊婦さんへのメリットがたくさんあり、ヨガやったことがない方にもぜひ試してみらいたいエクササイズです。産後のママもにもおすすめです。そんなマタニティヨガがどんなものかを詳しくご紹介していきます。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガとは、妊娠中の精神・肉体・呼吸を整え、心と体の安定を目指すプログラムです。ヨガに大切なのが呼吸です。呼吸に合わせ大きなお腹でも気持ち良く出来るポーズばかりなので、初心者の方でもお腹の赤ちゃんと一緒に楽しんでいただけます。

マタニティヨガのポーズをとることで、腰痛、肩こり、便秘、足のつりなど妊娠中の不快症状の予防や改善になります。

また、お産の姿勢も自然と身につくため、ヨガで学んだ呼吸法とリラックス法はお産の時にも非常に役立ちます。

どんな運動をするの?

マタニティヨガは、妊婦期に起こる体調面や体型の変化に対応できる体力づくり、出産への不安を軽減するなど、リラックス効果を求めて行われる運動をメインで行います。

身体に負担がかからないプログラムを取り入れ、血行を促進しむくみを解消し、腰痛の緩和も期待でき、妊婦さんの身体をサポートしていきます。

妊婦さんのことを考えた、妊婦さんのための運動と言えるでしょう。

マタニティヨガはいつからはじめて大丈夫?

マタニティヨガを始められない時期

妊娠がわかると、太りすぎないようにと、早いうちからマタニティヨガなどのエクササイズに励もうと考える人もいるかと思いますが、安定期までは油断が禁物です。

妊娠15週目くらいまでに赤ちゃんの神経や身体の重要なパーツが作られるので、この期間は安静にしていないといけません。

また、この時期は悪阻(つわり)が辛いという人も多以下と思います。無理に身体を動かすことはオススメできません。

安定期以降はいつまで行っても大丈夫?

安定期に入り、医師からの許可が出たら身体を少しずつ動かしてみましょう。

マタニティヨガは妊婦さんのためのヨガなので、おなかに負担がかからず、ゆったりとリラックスしながら行えるポーズばかりを厳選して取り入れています。

ただし、臨月を過ぎるとおなかもだいぶ大きくなってきて、動きづらくもなってきます。無理をせず、できる範囲で行いましょう。不安な時は医師やマタニティヨガのインストラクターの方に相談しながら安全に行っていきましょう。

マタニティヨガの効果とは?

マタニティヨガは、なるべくおなかに負担のかからないプログラムを導入しているため、激しい動きこそありませんが、妊婦さんには嬉しい効果がたくさんあります。一体どのような効果があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

カラダの不調を防ぐ

妊娠すると、身体にはさまざまな変化が訪れます。一番多いのが腰痛や肩こりです。おなかが大きく、また前に出てくることにより、腰や肩に負担がかかりやすいのです。

また、股関節のリンパが詰まりやすくなり、ミネラルの不足によるむくみなど、体の不調が生じてきます。

マタニティヨガでさまざまなポーズをとることで、血液やリンパの流れを良くし、妊娠中の不調を解消することができます。

妊娠による過度の体重増加を防ぐ

妊娠すると、赤ちゃんに栄養がまわることやホルモンバランスの乱れによって、おなかがとても空きます。マタニティヨガはメンタルや体の調子を整え、過度の食欲を抑える効果が期待できます。

さらに、適度に身体を動かすことで妊娠中に下がりがちな基礎代謝を上げることもできます。

産後太りの防止

産後、母乳育児などを理由に痩せる方もいますが、妊娠でついた脂肪がなかなか落ちない人も多いようです。産前にきちんと筋肉を動かしておくことで、産後の体型の戻り方が違うといわれています。また、出産後は骨盤がゆがみやすく、それが産後太りや体調不良の原因になりがち。マタニティヨガを行うことで、骨盤が元の状態に戻りやすいというメリットもあります。

 

安産への導き

マタニティヨガは、股関節まわりを柔軟にしたり、呼吸を意識的に行ったり、骨盤まわりの筋力を強化することができます。安産には、産道の開きは重要なポイントなので、意識的にレッスンをしておくと良いでしょう。

そして、安産にもう一つ重要なポイントが呼吸法です。出産時はあまりの痛みに呼吸をうっかり忘れてしまいがちになり、呼吸が乱れ、おなかの赤ちゃんにも影響が出るおそれがあります。マタニティヨガで呼吸法をしっかり練習しておくことで、本番もスムーズに呼吸することができるので安心ですね。

リラックス効果

ヨガは呼吸を深めながらポーズをとるエクササイズです。呼吸を整えることで、自律神経のバランスを整えることができると言われていますが、それはマタニティヨガも同じです。

妊娠すると女性ホルモンが乱れ、不安感やイライラが増し、ストレスが溜まりがちです。マタニティヨガで深く呼吸をしながらポーズをとり、気持ちよく身体を伸ばすことで、ストレスから解放され、落ち着いた気持ちで過ごすことができるようになります。

マタニティヨガを行う際の注意点

マタニティヨガを行う際は、いくつかの気をつけるべき注意点があります。心地よく安全にヨガを行えるように、できるだけしっかりと覚えておきましょう。

  • ヨガを始める前に医師へ相談する
  • 家族にも念のため相談を
  • お腹の張りが気になるときはレッスンを見送る
  • 疲れていると感じるときはお休みする
  • おなかを締め付けないようにゆったりとした服装で行う
  • 必ずヨガマットの上でレッスンを行う
  • 健康保険証、母子手帳、産科診察券は常に持ち歩く
  • 食後2時間は避ける

たとえ安定期に入っても、絶対に無理は禁物です!まわりに迷惑がかかるからと我慢せず、レッスン中でも体調に異常を感じたらすぐに中断してください。お腹の中の小さな命と自身の身体をしっかり守るためにも、注意事項はしっかり守りながら行っていきましょう。

体調の悪いとき、おなかが張っている時はお休みしましょう。
妊娠中は体調がすぐれない日も多くあります。マタニティヨガによって自律神経が整い、体が楽になることもありますが、無理に動かすことによって気分が悪くなっては逆効果です。自分のペースで無理のないペースで楽しみましょう。

また、通常のヨガも同じですが、食事をとった直後にヨガを行うと、胃が圧迫されて気分が悪くなることがあります。食後2時間は空けたほうが安心です。

産後ママにもおすすめです

妊娠中についた脂肪や体型の崩れ、産後の疲労やストレス回復のために、ヨガを行うママも多いようです。産後ヨガでの注意点をしっかり覚えておきましょう。

  • 産後1カ月の検診時に医師へ相談を(帝王切開の場合は産後2か月くらい)
  • 母子ともに産後の外出時間は徐々にならしていく
  • ヨガマットと動きやすい服装を準備
  • 外出する場合、自分と子どもの体調管理に気を付ける

産後は、自分一人ではなく、赤ちゃんの体調やペースを見ることも大事になってきます。最善の注意を払いながら行いましょう。

まとめ

注意すべき点を守りながら正しい方法でマタニティヨガをすると、こころも身体も健やかで落ち着いた状態で出産を迎えることができます。

また、ヨガスタジオやカルチャースクール、産婦人科のマタニティヨガを受けに行くと、同時期に出産を迎えるママ友もでき、心強い仲間づくりの場にもなります。

妊娠中の運動や安産対策、そして、産後の自分の体のケアのためにも、ぜひマタニティヨガを取り入れてみましょう。

フュージョン